さわらび草庵

大の字で寝転んで空を見上げる時間を過ごしてみる。

水のはった田んぼを抜ける夏のひんやりした風を感じて過ごす。

パチパチ燃える薪暖炉の前に座って、あったかい時間を過ごす。

畑のトマトをつまみ食いしてみる。

なんでもないこと。

なんでもない時間。

                  

  でも、きっと何か感じることがある。

そんな時間を過ごすとこ。  

​  さわらび草庵。

​スタッフよりメッセージ

59619.jpg
image0.jpeg
image1.jpeg

京都市内鞍馬口で創業140年の八百屋を営んでいます。

土地に惚れ、地域に惚れ、自然に惚れて、

気づけば綾部市栗町で農業者になり、ここにも我が家できました。

この古民家から伝わってくるずっとずっと昔の時代を感じながら過ごす毎日は、

何よりも贅沢の極みですね。

都会にない時間の流れと自然に囲まれた中での時間をぜひ味わってください。